FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街の遺伝子(5) 伊勢・山田は、大湿原の上に出来た都市  取材・文 海住恒幸

2014年11月 
「伊勢じゃーなる」31号  1面掲載

街の遺伝子(5) 大湿原の上に出来た都市


江戸と伊勢の距離114里(約456キロ)を測る起点であった「筋向(すじかい)橋」は1970年(昭和45年)に橋ではなくなった。宮川から勢田川に流れる宮川の分流・清川(きよかわ)の流れのほとんどが暗渠となり、道路上の欄干だけがここに橋があったことを示している。しかし、もとの流れは、伊勢・外宮の街(山田)の下に脈々と息づいている。清川は、大湿原の上に出来た都市・伊勢の原風景の名残と言えるのかもしれない。

 清川は、筋向橋のたもとから始まる浦之橋商店街の歩道下を通り、清川稲荷大明神とも呼ばれる「今社(いまのやしろ)」で左(海のほう)へ直角に向きを変え、旧国道23号(現在の県道鳥羽松阪線)で今度は道路に沿うように右に90度転換。新道商店街の道路脇の駐車場下を通って、伊勢市駅付近から河崎の方角に抜け、勢田川へ合流する。

 現在、清川の流れが見えるのは、流水をたくわえる「井場(いば)」に由来する今(いま)社の脇ぐらいになったが、1930年(昭和5年)に作成された地図にははっきりと川の流れを確認することができる。

 清川と同じように宮川の分流で伊勢のまちなかを横切る代表的な川は豊川で、外宮の火除橋をへて伊勢市役所のところにその名残がある。

 伊勢は古来、「水のまち」だった。

暴れ川・宮川の氾濫で幾筋にも水流があったことはよく知られるところだ。外宮の正宮前の池ももともとは川だったが地震でせき止められて池になったと言われている。中島、浦口、吹上、二俣、岩渕、河崎、船江と、伊勢の町の名前には水に関わるものがとても多い。

古代の伊勢について、まちづくりブック伊勢制作委員会刊の『まちづくりブック伊勢』(学芸出版社刊、2000年)には、こう書かれている。

「宮川本流に加え、何本もの支流が蛇行して流れる湿原の中に集落があったのですから、洪水が起きるたびにいくつもの集落が水の流れの中に消えたことでしょう。
それでも人々は、再び家をつくり、集落を形成してきたのですから、そのバイタリティーは驚くばかりです。

それも宮川がもたらす水と肥沃な大地、そして貴重な食料である魚があったからこそかもしれません。その意味では宮川は、人々の生命をも脅かす危険な川であると同時に、恵みをもたらす川でもあったのです。このような古代の伊勢に鎮座したのが、神宮です」。

 中世には既に自治都市となり自治権を獲得していた伊勢は、豊臣秀吉の太閤検地すら免れたというほどの強い都市となっていたそうですが、水との闘いは続いた。江戸時代、歴代の山田奉行最大の公共事業は宮川の堤防造りであったことだろう。その流れが伊勢の街に入らないようにする工夫は、水はね堤(突出し堤)として今もある。宮川堤防の改修はいまなお行われているが、水はね堤は歴史的土木遺産としてそのまま残されるという。

 清川の流れは、宮川の水と上手に付き合ってきた人々の証しでもある。伊勢の街の成り立ちとも深く関わる川だ。
                                                      (つづく)
                                                       


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊勢じゃーなる

Author:伊勢じゃーなる
「伊勢じゃーなる」は、伊勢を愛し、伊勢をいま以上に住みやすいところにしたいと願う市民が発案しました。 自分たちが知りたい情報を、自分たちの手で集め、自分たちで発信していく。 地域、コミュニティのありかたを、ひとまかせにせず、自分たちで考え創造していく。 自主的に社会生活を営むことのできる市民になるためには、判断材料となる正確な情報が必要です。 既存メディアが明らかにしようとしない事実を、ミドルメディアの力をかりて伝えていくのも、特徴のひとつです。
政治を考える一助となるよう願っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。