FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国会の内と外

海住恒幸ブログ2015.9.17より

ゆうべ、言葉を紡ごうとしたが、なかなか煎じ詰めることができなかった。

そこで他人の言葉を借りた。
奥田愛基氏の「この法案がどうなろうと、主体的に動き始めた人はもう止まらない。」

国会の内と外のズレを伝えたかった。
多数派を形成する今日の与党の議員の数、ここ数回の衆院選や参院選の結果を見れば、ほんのいっときの現象のように見える。
あすになれば、すぐにでも吹いて飛んでしまう変化が訪れる数であるのかもしれない。
つまり、一過性。その瞬間最大風速のような「数」が、国の進路を決定づけてしまうことへの畏れを議員は持つべきだ。

けさの朝日新聞。
「議会内外の議論は多くの疑問点を浮き上がらせた。集団的自衛権の憲法違反に始まり、存立危機事態の意味、想定する国際情勢認識のあいまいさ」。

浮かび上がってきた疑問に、野党に限らず、与党の議員にだって、このまま可決しちゃっていいの?という疑問を持つ議員はいるはずだ。
だって、ふつうの市民や学生が感じるんだもの。
その不安というか、変さかげんをあなたたちがわからないはずはないでしょ?

審議とは、浮かび上がった論点を一つひとつ丁寧に、整理しながら、何が真実なのかを解明していく作業だと思う。
そこに、党利とかを差し挟む余地はないはず、本来は・・・。
一回だけ、どの議員も、閣僚も、「党利」とか、党としての政策を切り離して、今回の安保法案を純粋に議案として客体として見て、熟議してみるといい。

「この質問に対して、この答弁、ちゃんと答えてないじゃん」とか、ちゃんと論点整理してみるといいよ。
安保法案を審議するために設置された特別委員会なら、それができるのではない?
そのために識者を参考人として召致したり、公聴会を開くんじゃないの?

だけれど、政府与党は、十分に時間をかけたから採決だという。
時間だけじゃないか。

もう一度、きょうの朝日新聞。
「活発化した議論(注・議会の内外)を受けて、憲法や安全保障の専門家、文化人たちが相次いで考えを明らかにした。また、あまり前例のない数の市民が街頭に繰り出して意思を表明した議会の外では、多くの人々が熟考し自分の考えを持ち表明するようになっていた。では、国会はどう変わったか。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊勢じゃーなる

Author:伊勢じゃーなる
「伊勢じゃーなる」は、伊勢を愛し、伊勢をいま以上に住みやすいところにしたいと願う市民が発案しました。 自分たちが知りたい情報を、自分たちの手で集め、自分たちで発信していく。 地域、コミュニティのありかたを、ひとまかせにせず、自分たちで考え創造していく。 自主的に社会生活を営むことのできる市民になるためには、判断材料となる正確な情報が必要です。 既存メディアが明らかにしようとしない事実を、ミドルメディアの力をかりて伝えていくのも、特徴のひとつです。
政治を考える一助となるよう願っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。