FC2ブログ

さっちゃん日記 (6) イエグモ事件

こんにちは。さっちゃんです。


今年の夏は、
ことのほか暑く、
ただでさえ夏バテする要素満載なのに、
屋外で活動することが多くて、
熱中症の一歩手前ぐらいの状態になり、
フラフラしながら帰宅。




もうろうとする頭で、
押入の扉を開け、
布団を出そうとしたその瞬間、
黒光りする物体がさわ~と腕伝いに上ってきて・・・





きゃーーーーー!!!!!





ク、クモだあ!!!!!





もうね、
今年で一番、びっくりした。
いえ、
クモは見慣れてますから、いいんですが、
デカイのよ、




余裕で私の手のひらを思いっきり拡げたくらいのデカさだった。





しかも、このクモさん、
私の腕をさわ~っと這う時に、
糸を出していったのよ、ごていねいに・・・




あの、
ネチ~とまとわりつく感触、
しばらく忘れられません。





当然、
クモがいるとなったら、
おちおち寝られないじゃないですか、





「今すぐ、このクモ、追い出して!」





そう同居人に言いました。





が、なんと!





「それはできない」





と言って、
私にコンコンと説教を始めた。






「このクモは、僕達がこの家に越してくる前からここに住んでるんだよ(ってクモに聞いたのか?)。だから、どっちかっていうと、キミがクモに驚いたというより、クモの方が驚いたと思うよ。かわいそうに、せっかく寝てたのに起こしちゃって。それに、イエグモは益虫だから、ゴキブリとか食べてくれるんだよ。ゼッタイ、イエグモは必要だよ」






いえ、
私はイエグモを殺せと言ってるわけじゃないんです、





私の布団の中で寝たり、
私の腕をさわ~と這ったりしないで、
ちゃ~んと住み分けしてくれればそれでもう・・・





さっちゃんでした。

スポンサーサイト

IWJから

■緊急再配信!岩上安身による元NHKプロデューサー永田浩三氏インタビュー
「NHKニュースを見ても、『戦争法案』の問題点がわからない。
 NHKニュースを見ても、国会の中でいかに政府がいい加減かが分からない。
 NHKニュースを見ても、日本の様々な場所で反対の声が上がっていることが分からない。
 NHKニュースがたまにきちんと取り上げると、それが大きなニュースになる。
 おかしいじゃありませんか」

 声の主は、元NHKプロデューサーで現在は武蔵大学教授の永田浩三氏。永田氏はスピーチの中で、14年前に、当時官房副長官だった安倍晋三氏らによる番組介入で、元慰安婦の被害女性の問題を扱った番組の内容が、放送直前に変更させられた過去を明かしました。

■川崎の火災現場のすぐそばに原子炉施設!一切報じない大手メディア!

■相模原米軍基地の爆発事故を通して、米軍の占領下にある日本の「構造」を再確認する


   本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド「橋下徹大阪市長、松井一郎大阪府知事が『維新の党』離党。組織分裂の後に発生する抗争の危険」2015.8.28日号~No.1080号~

IWJ 青木浩文

IWJから

事務所でこの挨拶文を書いているのは26日の深夜3時半なのですが、「大火事」の知らせが飛び込んできました。「火事」といっても、米軍基地の火災でも、原子炉施設の隣からの出火でもなく、「火宅の人」という意味です。しかし、総理私邸からの「出火」というのですから、
只事ではありません。女性セブンが安倍総理のファーストレディー・安倍昭恵さんと、ロックスターの布袋寅泰さんの不倫疑惑を、今日(27日)発売される最新号で報じるというのです。

■国が滅んでも「滅んだ模様」とメディアは書くのか

■ついにこの世から「ヤジ」の存在を抹消したNHK


    本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド「総理私邸で存立危機事態発生! 安倍昭恵夫人がロックスター・布袋寅泰氏と不倫か!? 集団的自衛権で他国を守る前に、まずは個別的自衛権で自宅の鎮火を急げ!」 2015.8.27日号~No.1079号~

IWJ 佐々木隼也

IWJから

■元自民党 武藤貴也議員が記者会見!13時からぜひIWJでご覧ください!
武藤議員は安倍総理や櫻井よしこさんと仲良く写っている写真が出回っています。そんな武藤議員も漏れることなく日本会議に所属しており、過去に武藤議員は「憲法に破壊された日本人的価値観」と題した文章の中で、日本国憲法が定めた3原則(国民主権、基本的人権の尊重、平和主義)について「この3つとも、日本精神を破壊するものだ」と、記していました。


日刊IWJガイド 「『暗黒の月曜日』!? 世界の株式市場が波乱の展開 鍵を握る中国経済ーー本日13時から、あの『利己的』武藤貴也議員の記者会見を生中継!」2015.8.26日号~No.1078号~

IWJ 原

IWJから

野田政権は、2012年の原子力防災指針や防災基本計画で、SPEEDIを「参考にする」「公開する」と定めました。
 しかし安倍政権は今年、この指針と計画どちらからも、「SPEEDI」の文字を削除。「予測が不確実なため」として住民の避難に活用しないことを決めました。

■北朝鮮のミサイルの脅威を煽るも、対応策は講じない安倍政権



日刊IWJガイド 「ミサイルの脅威を煽り安保法制の必要性を強調するも、ミサイルが飛んでくるとは思っていない安倍政権の謎」2015.8.24日号~No.1076号~

IWJ 佐々木隼也



■火災現場のお隣に原子力施設?

日刊IWJガイド「日本国憲法より上位??の「日米地位協定」という「法体系」ーー相模原・米軍関連施設の爆発と川崎・日鉄住金鋼管の火災事故をIWJはどう報じたか?!」 2015.8.25日号~No.1077号~

IWJ ぎぎまき

IWJから

大阪維新の会が新たな政治団体「関西維新の会」の設立を総務省に19日付けで届け出たことが分かりました。11月に行われる国政政党「維新の党」代表選などを意識して、大阪を中心とした関西勢力の影響力を確保する狙いがあると言われています。代表には大阪維新幹事長の松井一郎大阪府知事が就任予定とのことです。


本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド「『関西維新の会』設立、深まる大阪系と『維新の党』執行部の亀裂―安保法案審議への影響は?」2015.8.23日号~No.1075号~

IWJ 青木浩文

IWJから

■川内原発で早速トラブルが… 桜島も依然として「レベル4」のまま


    本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド「再稼働された川内原発で早くもトラブル。一方国会は自衛隊内部文書をめぐって紛糾続く!」2015.8.22日号~No.1074号~

IWJ 平山

IWJから

・安保法案44カ国が支持 政府資料、欧米・アジア主要国が賛同(産経新聞、2015年8月20日)

http://www.sankei.com/politics/news/150820/plt1508200003-n1.html

 他の国からすれば、日本が派兵してくれる機会が増えれば、間接的に自分の国の負担軽減にもつながる可能性が出てくるので、そりゃ国益にかなうので支持しますよね。わざわざ軍事的負担を肩代わりしてくれる、というのですから。日本人にとっては、ますます何のために自衛隊を派遣するのか、わからなくなっていきます。



■山本太郎議員が暴いた「第3次アーミテージレポート」「CSIS」って何だ?という方はこちら!!



    本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド 「山本議員が突きつけた『第3次アーミテージレポート』『CSIS』って何?という方、IWJは記事を取り揃えています!」 2015.8.21日号~No.1073号~

IWJ 佐々木隼也

IWJから

■国会で山本太郎議員が日本政府の「属国タブー」を追及!


   本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド「昨日国会では山本太郎議員が日本政府の『属国タブー』を追及! IWJでは戦争法案に反対する『声明』を続々アップ中!」2015.8.20日号~No.1072号~

IWJ 芹沢あんず

IWJから

■はい、出ましたね、内部告発者を潰す動きが…ついでに出てきた今回の自民党の跳ねっ返り議員は…


■武藤議員、アウト! 国会中にまさかの詐欺!? 早くクビに!


    本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド「どうなってる自民党! 自衛隊『工程表』作成の真犯人は中谷防衛相! 山本一太は小池晃議員を“盗人”扱い!? 武藤貴也議員は利己的な詐欺事件!? 安保法案の審議どころじゃない!」2015.8.19日号~No.1071号~

IWJ 原

IWJから

■中東研究者105人が安保法案に反対声明!

■テロと隣合わせの生活とは


   本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド「敗戦の日、戦没者を慰霊する人々のそれぞれの思い――千鳥ヶ淵、靖国神社からのレポートを掲載」2015.8.18日号~No.1070号~

IWJ ぎぎまき

IWJから

■「原発×戦争」リスクと米国の「オフショア・バランシング」戦略


        本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド「世界で最も厳しい規制基準」が、その実態はユルユルだった!?――満田夏花氏、阪上武氏、水藤周三氏が指摘 2015.8.17日号~No.1069号~

IWJ 佐々木隼也

IWJから

日刊IWJガイド 「敗戦の日に桜島の噴火警戒レベルが初の「4」に~住民避難も完了、再稼働したばかりの川内原発は大丈夫か!? 九電は「何もしましぇ~ん」…オイッ!!」2015.8.16日号~No.1068号~

IWJ 原

議長に抗議~議会事務局が組織的に関与した特定議員排除の密室会議

松阪市議会には存在しない「会派代表者懇談会」なる会議が一部の議員を排除して秘密裏に開催され、そこに議会事務局も組織的に関与していた問題で、会派に入らない3人の議員(海住恒幸・前川幸敏・深田龍)が、13日午前10時に、水谷晴夫議長に抗議文を提出のうえ、一時間近く、抗議と議論をさせていただきました。

http://blog.livedoor.jp/kaiju_matsusaka/archives/52214191.html

IWJから

■ちゃっかり憲法改正に色気を出す安倍談話

■人種による差別の馬鹿馬鹿しさを科学的に「論破」する、篠田謙一先生のインタビューを3夜連続再配信!


本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド「やっぱり本音を隠せなかった安倍談話!曖昧さとごまかしを駆使するも、村山談話をしっかり上書き」2015.8.15日号~No.1067号~

IWJ 佐々木隼也

市長辞任の日~山中市政を振り返る

市長辞任の日~山中市政を振り返る①

市長辞任の日~山中市政を振り返る②

市長辞任の日~山中市政を振り返る③

市長辞任の日~山中市政を振り返る④

市長辞任の日~山中市政を振り返る⑤

市長辞任の日~山中市政を振り返る⑥


海住 恒幸

IWJから

本日夕方、いよいよ安倍総理の「戦後70年談話」(安倍談話)が発表されます。この談話に、先の大戦での植民地支配に対する「おわび」の文言を入れるかどうかに、アジアの、世界の注目が集まっています。

   本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド「いよいよ戦後70年『安倍談話』発表! 安倍総理は『本音』を隠すのか、それとも…」2015.8.14日号~No.1066号~

IWJ 佐々木隼也

議会解散リコール、有効署名数に達せず。松阪市の山中光茂市長、辞表提出

松阪市の山中光茂市長が13日午前11時、議長室に入り、水谷晴夫議長に退職申入書を提出。9月30日付で辞職するとした。
直後、記者会見を行った山中市長は、次のように述べた。

本日、午前11時、議長に、退職申入れ書を出した。(市長就任以来)6年8か月、市民の思いとともに歩んだ。議会に対するリコール運動は、市民の方々の議会改革を求める思い。議会はその思いを真摯に受け止めるべき。署名の数はわたしの2期目の選挙の得票を上回った。重く受け止める。7年前、立候補のとき、組織や業界団体など何の支援もない中当選させていただき、市民に支えられ、市民と対話を重ねた6年半を超える日々だった。

9月30日をもって辞職させていただく。
これから最後のいっときまで市民の幸せに寄り添い、市長職を全うしたい。

市民の思いがなければ市政の改革はなかった。市民の思いとともに市政を進める中、市民の痛みや幸せに寄り添った6年半だった。
この6年半は、今後の自分の人生にとってもかけがえのない日々だった。

今後も、現場に寄り添い続ける仕事をしたい。
市長職、政治の世界からは身を引く。

市民の方々の議会へのリコール運動は、議会改革が間違いなく市民の意思であることが示された。
こうした直接民主主義は、市政にとっても重要な出来事だった。40,600を超える署名は、5年先、10年先の市、議会に対しても重い。

身を引くが、ともに歩んだ日々が、わたしにとりかけがえのない日々だった。

今後も、松阪市にかかわれることをしながらかかわらせていただく。

退職まで1か月半、市長として緊張感をもって全うしたい。




山中市長の辞表提出会見一問一答  ← 本文はこちらをクリックしてください。


市長辞任の日~山中市政を振り返る① ← 本文はこちらをクリックしてください。







IWJから

■政府が主張する「中国の脅威」の嘘と、その実態
中谷大臣は、東シナ海の海洋プラットホームに、中国がレーダーを配備する可能性に言及しました。すると櫻井よし子氏が、産経新聞の寄稿で「そこに弾道ミサイルが設置されれば沖縄や南西諸島が射程に入る」と煽り立て、この政府と産経新聞の連携プレーによって、脅威が醸成されようとしています。


   本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド「自衛隊が米軍の三軍になる」!? 安全保障政策のあらゆる決定権が「独走した自衛官(制服組)」と「米軍」に握られてしまう未来 2015.8.13日号~No.1065号~

IWJ 佐々木隼也

IWJから

日刊IWJガイド「自衛隊内部文書の暴露で国会が散会! あらゆる極秘資料を手に政府を追及し続ける小池晃議員に本日インタビュー」2015.8.12日号~No.1064号~

IWJ ぎぎまき

議会事務局が組織的に関与した特定議員排除の密室会議

議会事務局が公務で組織的に参加しながら、特定の議員には会議への参加を招集するが、特定の議員には会議の開催すら知らせない会議が、松阪市議会の議長室で複数回にわたって継続して行われていることがわかりました。

この会議は、松阪市議会の解散を求めたリコールへの対応を協議するため開催していると見られます。
議長、副議長、自民系、旧民主・社民、公明、共産党の各会派代表がそろって参加。
会派に属さない議員には意図的に知らされず、完全に排除したかたちです。

  本文は ↓ こちらから
http://blog.livedoor.jp/kaiju_matsusaka/archives/52213409.html


IWJから

日刊IWJガイド「どうなる『安倍談話』~国会前ではSEALDsが、巣鴨駅前ではOLDsとMIDDLEsが戦争法案反対を訴えて叫ぶ!」2015.8.8日号~No.1060号~

IWJ 平山


日刊IWJガイド 「長崎原爆投下から70年――新たな平和を築くため、台頭する奴隷根性のファシズム、病的な歴史修正主義の動きと対峙する時」2015.8.9日号~No.1061号~

IWJ 原


日刊IWJガイド日刊IWJガイド「憲法の平和の理念が揺らいでいるのではないか」長崎市長が祈念式典で安保法案に言及 2015.8.10日号~No.1062号~

IWJ 佐々木隼也


日刊IWJガイド「マジギレ寸前…疑惑まみれの川内原発再稼働とわざわざ非核三原則をカットした安倍総理の野望」2015.8.11日号~No.1063号~

IWJ 原


政務調査費 ②

政務調査費イコール、“視察費”ではダメ!
「政務調査」に活用できるかどうかも、議員力を試すリトマス試験紙

 わたし自身、ふだん政務調査費を充てることが多いのは資料・図書の購入費や研修参加費(旅費含む)で、使途基準そのものには適合し、確かに議員としての資質向上のための使途ではあるのだが、「これが政務調査か」と言われればそうとは言い切れないジレンマを抱えている。そんな中、これこそ「政務調査」だったと自信を持って言えるのは、一つが、松阪港とセントレア(中部国際空港)を結ぶ高速船を運行する船会社の経営実態を把握するため、帝国データバンクから調査データを購入したときの費用。もう一つは、東日本の震災がれきの広域処理の妥当性を判断するため石巻市へ調査に出向いた折の旅費だ。新聞記者時代に戻ったかのように現場や役所を行き来し、4日間、“取材”に回った。
政務調査費は、議員の資質向上や政策研究に使える点において、使途の制限はゆるいが、会派によっては、政務調査費、イコール、“視察費”という実態があるのも事実。過去にある会派は、毎年冬には沖縄、夏には北海道に出掛けるのを常としていた。4年連続、同じメンバーで構成する会派が沖縄に出掛けているのにはあきれた。松阪市に沖縄の米軍基地を移転する問題があるのならともかく、そうでもない限り、松阪市の行政の参考にするために、毎年、沖縄に出掛けなければならない必要不可欠性があったとはとても考えられない。観光行政を学ぶという目的があったにせよ、沖縄や北海道以外でも調査は十分に可能だ。政務調査の趣旨をはき違えている例であると言わざるを得ない。
今年8月の地方自治法の改正で、政務調査費の名称は「政務活動費」となり、従来、「調査・研究」に限定していた使途基準が、「調査・研究その他」に幅が広がることになった。
このことに関して、新藤宗幸・千葉大名誉教授(行政学)が9月20日付毎日新聞の中で次のように述べている。「現状も『政務調査』に使っていないことが多いのに、法の改悪だ。現状を正当化する条例ができれば住民監査請求や住民訴訟で違法支出を監視するのが難しくなる。まず政策や事業・行政の調査にかかる計画を提出し、その後精算する方式が望ましい」。まことに当を得たコメントだと思う。 
政務調査費を「政務調査」に活用できているかどうかも、議員の能力を試すリトマス試験紙のようなものだ。

政務調査費 ①

政務調査に充てた支出はどれだけ?

 法律によって、自治体議会の議員または会派は、自治体固有事務の調査や議員の資質向上、政策研究に充てるため、政務調査費(法改正で今後、政務活動費と名称が変わる)の交付を受けることができる。それぞれの自治体で条例を制定し、使途の基準や交付額を決めるので、それぞれの市(町村では交付していないところが多い)や都道府県の交付額や使途基準、実際の使われ方が違い、それらを比べてみると面白い。
 
【表】三重県議会と、県内の市議会の政務調査費の交付額一覧(2012調べ)
   (議員1人当たり・年額)
議会名 交付額
三重県 396万円
四日市市 84万円
津市 60万円
桑名市 60万円
鈴鹿市 58・1万円
名張市 48万円
伊勢市 36万円
いなべ市 36万円
松阪市 30万円
伊賀市 24万円
亀山市    24万円
鳥羽市    15・6万円
尾鷲市    15万円
志摩市    12万円
熊野市    ゼロ
   
表を見ると、市議会は、交付しない熊野市を除き、月額に換算して金額の低いところで1万円(志摩市)、高いところで7万円(四日市市)と幅はあるがひと桁台に収まっているのに対し、県議会は33万円(現在は、東日本復興に充てるため、10万円程度減額中)とふた桁となっている。松阪市議会の交付額は月額2万5千円で、県内の他の市議会と比べ決して高い方ではないが、年間で30万円になり、十分な額だと思っている。
わたしの場合、通常は年度末に10万円前後余らせ、返還することのほうが多いが、今年は震災がれきの広域処理の問題で宮城県石巻市に出向いたので通常の年より多く使わせていただくことになりそうだ。
県議会のほうだが、月に33万円を超える政務調査費を本来の趣旨通り使い切れるものではないと思う。県議会議員によっては、事務所の家賃や、県議会を会場にして開かれた審議会を傍聴するために県議会に出向いた際の高速道路代に用いたり、県政というよりは市政を話し合うために自分の選挙区の市で開かれた会合に出席するための交通費、所属政党のPRのような広報紙の印刷代に充てているケースもあって、驚いた。

IWJから

■広島原爆投下の日、安倍総理があいさつから「非核三原則」を除外 ~その裏に見えてくる米国の肩代わり戦略

■「戦争は人殺し」被曝者の思いは、遮二無二戦争に参加しようとする安倍総理に届くのか

■「おかしな人たち」が「おかしな思想」に基づいて、「おかしな憲法」を~!


   本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド「安倍・日本会議政権が戦々恐々! 彼らが恐れるのはSEALDsではなく、その後ろにいる大多数の日本国民」2015.8.7日号~No.1059号~

IWJ 佐々木隼也


■結局、「侵略」は明記しないのか? どうなる「安倍談話」

■過去に「核武装」発言をしていた武藤貴也議員~IWJでは核と戦争をテーマに連日再配信を行います!

■「1人の人間として、戦争国家化に反対する」~「戦争法案」に関する寄稿・コメントをお寄せください!


    本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド「どうなる『安倍談話』~国会前ではSEALDsが、巣鴨駅前ではOLDsとMIDDLEsが戦争法案反対を訴えて叫ぶ!」2015.8.8日号~No.1060号~

IWJ 平山

IWJから

■本日8月6日は、広島市へ原子力爆弾が投下された日です。

    本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド「広島に原子力爆弾が投下された日、IWJは現地広島の平和への祈りを中継します」2015.8.6日号~No.1058号~

IWJ 芹沢あんず

IWJから

このデモに参加している面々が、《「ヘイトスピーチ・フリータイム」と「鉤十字ハーケンクロイツの旗」再び!! 日本人有志による「ナチス暫定政府」がチャイニーズ・マフィア組織を一掃!!》などと、喜んでナチスを自称している「外国人犯罪追放運動」理事長・有門大輔さんであったり、「アドルフ・ヒトラー生誕125周年記念パーティ」の開催を計画し、批判の的となった瀬戸弘幸さんであったり、そのお仲間であったりしたのです。

■『前夜』のおすすめ! 「ナチスの手口」で改憲される前に!


   本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド「朝日は謝罪してる場合か! これはファシズム大好き内閣、ナチスに学べ内閣と国民の闘い!」2015.8.5日号~No.1057号~

IWJ 原

IWJから

■14歳の中学生に「高校生デモ」でインタビュー

■「安保法制」に反対するすべての人からのメッセージ


   本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド「IWJでは夏休みのアルバイトを募集中! 山本太郎議員が安全法制特別委員会で3度目の質問『経済徴兵制』について質疑全文掲載中!」2015.8.4日号~No.1056号~

IWJ ぎぎまき

IWJから

■戦後70年、日本の「過去」と「今」を検証する~『日米開戦の正体』をめぐり、岩上さんが孫崎享氏にインタビュー!

■憲法で保障されている「学問の自由」をないがしろにする安倍政権の正体


   本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド 「真珠湾攻撃の起源は日露戦争にあった!? 孫崎享氏インタビューを通して、戦後70年を迎える日本の『今』と『過去』を考える」2015.8.3日号~No.1055号~

IWJ 平山

IWJから

■SEALDs旋風! 全国で次々!

■「原発やるなら戦争やるな」山本太郎議員インタビュー

■憲法改正阻止には政権交代が必要!


   本文は ↓ こちらから

日刊IWJガイド 「また自民からネトウヨ議員が登場! 自民はどこを切っても自民…今日はパンツの日だから、あの裸の王様にいい加減パンツを履かせよう!」2015.8.2日号~No.1054号~

IWJ  原
プロフィール

伊勢じゃーなる

Author:伊勢じゃーなる
「伊勢じゃーなる」は、伊勢を愛し、伊勢をいま以上に住みやすいところにしたいと願う市民が発案しました。 自分たちが知りたい情報を、自分たちの手で集め、自分たちで発信していく。 地域、コミュニティのありかたを、ひとまかせにせず、自分たちで考え創造していく。 自主的に社会生活を営むことのできる市民になるためには、判断材料となる正確な情報が必要です。 既存メディアが明らかにしようとしない事実を、ミドルメディアの力をかりて伝えていくのも、特徴のひとつです。
政治を考える一助となるよう願っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR